イーサリアムとは

Ethereum (イーサリアム)

仮想通貨イーサリアム(Ethereum)

イーサリアム (Ethereum/ETH)の基本情報

名称 Ethereum
コード ETH
開発者 Ethereum Foundation (Stiftung Ethereum)
公開時期 2015年7月30日
時価総額 約2兆2,000億円 (第2位)
上限発行量 未定
承認目安時間 約15秒

現在のイーサリアムの相場 1ETH/JPY

イーサリアムの価格推移 (1ETH/JPY)

あらゆる契約ごとを自動化する画期的な仮想通貨

イーサリアムはビットコインに次ぐ世界第2位の時価総額を持つ暗号通貨です。イーサリアムのシステムは仮想通貨を応用したものでイーサと呼ばれており、ブロックチェーンによる汎用プラットフォームであり、実際は契約する場合などに適用されるものです。

そのためスマートコントラクトと言われています。スマートコントラクトとは、別名「契約の自動化」とも言われ、管理者がいない状況での取引履歴であるブロックチェーン上で契約を行うことを言います。世の中のあらゆる契約・信用情報が半永久的にネット上で実行・保存されます。

さらにはこのスマートコントラクトにより、将来は、経営者・弁護士・国会議員などの代理人職業はすべて不要になるとまで言われています。イーサリアムは仮想通貨のやり取りだけではなく、所有権の移転や契約の自動執行など様々な企業間取引への応用が期待されているのです。

イーサリアムはビットコインと同じ暗号通貨であり、最初に暗号を解読した人に発行される仕組みになっています。暗号の数は限られているため、いずれ発行自体が出来なくなりますが、これは暗号通貨自体の共通の特徴であり、全てのイーサリアムが発行された後は市場での評価によって価値が変動することになります。

イーサリアムは、支払いの際にお金が使われたと言う記録しか残りません。これによりイーサリアムは債券や証券を電子化することが可能で、ビットコインよりも応用性が高くなっているのです。イーサリアムと契約自体とを結びつけることが出来るため、強制力が非常に高いと言う点もポイントになります。

決済のタイミングなどを予め組み込んでしまえば、お金がないから未払いが出来ないなどと言った人間の都合に左右されずに決済されます。そのため、より安定性が重視される業務に使われる可能性があり、暗号通貨の未来を広げる通貨として注目を集めています。

マイクロソフトをはじめ多くの企業が決済方法としてイーサリアムを取り入れる計画があります。

イーサリアムのデメリット・注意点

知名度の低さゆえに購入できる取引所が少ない点。また、過去に様々なハッキング被害に会っていて時価総額にして50億円以上の損失を出したこともあります。そのたびにハードフォーク(アップデート)を行いセキュリティを高めていきました。

ハードフォークとは互換性のないアップデートのことをいいます。イーサリアムではハードフォークを行うにあたり開発陣のコミュニティが分裂してしまいました。

仮想通貨のブロックチェーン技術は中央管理者を介さないことが支持を集める大きな理由ですが、行おうとしていたハードフォークはそうした理念に反することになります。そこで仕様変更に賛成できないコミュニティから誕生したのがイーサリアムクラシックとなります。

イーサリアムを購入できる仮想通貨取引所

現在準備中